ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

ChaosTCGでも 765プロのアイドルをプロデュースしたい同僚のみなさまに送る、ブンケイPの検討メモ

第1回(2014/12/4)

みなさんこんにちわ、ブシロードのブンケイPです。
ChaosTCGとヴァイスシュヴァルツで私の大好きな「アイドルマスター」が発売される!ということで、せっかくなので多くの人に遊んで欲しいと思い、いろいろ開発にアドバイスしてみたり、版元様と相談させていただいたり、してきました。

さてこのテキストは、その延長として、下記の様な方向けに、多少でも手助けになればと思い書きました。

・765プロアイドルのうち誰かを担当しているプロデューサーで
現在、ChaosTCGを本格的には遊んでいないが
OFAのブースターパック発売を期に、ちょっとやってみたい!と思っている方。
・前作「ぷちます!」では多少遊んだけど、他のタイトルはやっていない、
そして最近は遊んでいないのでカードプールとかあまり覚えていない!という方。
・ヴァイスシュヴァルツは遊んでいるけれど、別のTCGにも浮気してみたい方。
特に、もう少しテクニカルで運の要素が少ないと言われるChaosTCGに挑戦してみたい方。

以上の方々で更に、

・一応、ルールはある程度把握しており、(できれば)トライアルデッキではプレイしたことがある。

という事を前提にしています。
というのは、「始めてみよう!」とか「こんなゲームだよ」というテキストはしばしば見かけますし、トライアルデッキを触るところまでは導かれていることが多いのですが、その一歩先がけっこうイキナリ「ガチガチの大会出撃前提」で書かれたテキスト・評論が多いと感じたからです。
大半が互換カードや過去の他のタイトルのカードプールを熟知している前提で論点が構築されており、正直僕は読みこなすのに困りました。

様々なタイトルのカードプールを学んでいく。その中から真に最強のデッキ、最強の戦術を模索していく。さらに、日々更新される環境に適時対応し進化して深化していく。それはもちろん、TCGとしての奥深い楽しみのひとつです。

が、ChaosTCGがキャラクターTCGである以上、「僕はアイマスしかやらないよ」「私はごちうさしか買わないよ」という姿勢も許してあげるべきです。それは「遊び方の違い」であり、最初から「勉強不足」の様に扱うのは勘弁してあげてほしいと思います。
(もちろん弊社ブシロードとしては、全タイトルお買い上げいただいた方がありがたいのですが)

なので本テキストでは、OFAのカードプール「のみ」に言及し、他のタイトルを参照しません。本テキストの目標は、
・各カードについて、自分の判断で納得してプレイすることができる。
・OFA限定のカードプールを使用し、自分の判断でデッキを構築し、改良することができる。
・同じぐらいの技量のプレイヤーと対戦して、「勝ったり負けたり」できる。
つまり、少なくとも「10戦やって1回も勝てない!」で終わらないようにする。
・そしてChaosTCG特有の面白さを感じる。
こと、とします。

もし本テキストの読者がこの後、他のタイトルと戦う場合の知識が必要、と考えるのであれば、それこそ多くの先輩プレイヤーさん達が深い考察を与えてくれるだろうと信じます。

 

では、始めてみましょう。


【デッキを組む】
デッキを組むことは、TCGにおける大きな喜び、楽しさのひとつと信じています。
自分の判断でデッキに入れるカードを選び、プレイし、別のカードと差し替えていく試行錯誤こそが面白いと思います。
ので、イチからカードを選択してデッキを作ってみることにしましょう。

1)各カードの分量
まず初めに、キャラ/イベント/セットの各カードは何枚ぐらいの比率で入れるのが良いのでしょうか?
わかりません。
わからないので、TDを確認します。
○アイマスOFA TD=キャラ35枚、イベント9枚、セット6枚
そこで、まずはこのTDと同数、イベントとセットを搭載する方向で進める前提で考えていきましょう。

2)パートナーを選ぶ
さて、パートナーは誰を選ぶべきでしょうか?
本来、ChaosTCGは俺嫁TCGなので、自分の担当アイドルを素直にパートナーに選ぶことができますし、そうするべきです。
が、今回はあえてそれを否定したく思います。
自分で既に自由に戦えるPは、ぜひ担当アイドルをパートナーに選んで下さい。
しかし、「これから」Chaosを始める方、そして今回の目標の、
「各カードについて、自分の判断で納得してプレイすることができる。」
を達成するためには、アイドルを選ぶ必要があると思います。

 ちょっと横にそれましょう。
今回、スタッフは私が律子好きということで、熱心に律子をパートナーにするよう推めてくれました。しかし、大変残念ながら、今回僕は、今律子でデッキを組むつもりはありません。何故か。律子はメインフェイズ開始時に常に自分のデッキの上から3枚を観て、更にキャラカードを手札に加えられる、というものです。これはいわゆる「オートレベルアップしたいパートナーカードを全部自分でドローしてしまう」という悲劇を回避できる優れた能力です。
しかし、では3枚のウチどのキャラを選んで持って来るべきか。そして残り2枚はどう戻すべきか。正直、現在の私のプレイヤーレベルでは、毎ターン毎ターンこの「判断」
をすることがツライ。まだこの能力を活かすだけのスキルが私には無いのです。
思い起こせば9年前。アーケード版のアイドルマスターを始めてプレイし、当然のごとく律子を選びながら、その能力を活かせず惨憺たる成績でゲームオーバーとなったことを思い出します。
そう、本当に好きなアイドルを自在に輝かせるためには、それなりプロデューサー側にもスキルが要求されるのです。
ちなみに当時の私は、その後あずささんのプロデュースにも失敗し、プロデューサー生命を賭けて春香をプロデュース、多少成功したことによりアイマスにしがみつく事が出来ました。なので未だに春香にはアタマが上がりません。

 というわけで、今回のパートナーアイドルをもう一度見て行きましょう。
なお、以下に入れた「点数」は僕の現時点での「お気に入り度」です。

・春香:
「2つから1つ選ぶ」時点でちょっと困る。どちらが正解かちょっと悩んでしまう。
とりあえず下の能力はわかる。強力なフレンドを用意して、相手の防御ラインが崩れた時に「もっかい殴る!」と言うためのもの、と見た。
上の能力はどんな時に使うのだろう? 相手が妨害系のイベントを使った時に、その効果を受けなくする使い方が正しいのだろうか?
なんとか「やるべきこと」は見えた。でもどうやって貫通つければいいのだろう。Chaosって、貫通つけたキャラでなぐる遊びでしょ?<というあまりにもあまりな理解
ブンケイ現状お気に入り度:60点

・千早:
「2つから~」以下略。
しかしなんとなくわからんではない。
防御時は上の効果で+3/+3する。
攻撃時は下の効果で貫通つけてなぐる。
これだな!ブンケイわかった。
ブンケイ現状お気に入り度:80点

・雪歩:
とりあえず防御が+3って書いてある!
そして真くんがいれば、真くんで攻撃して防御しろ、って書いてある!
ブンケイわかった。どうやって貫通つければいいかは後で考えよう。
ブンケイ現状お気に入り度:65点。

・真:
テキストを読もうとすると、真の眩しいフトモモに目が行ってしまいテキストを読む気になりません。もう真ならいいじゃないか。ダメですか。
とにかくセットカードつけて殴れば痛いし貫通もつくって書いてある!わかりやすい!流石真くんや!
しかし、下の「手札に戻すと~」は使うべきタイミングが良くわからない。きっと真にはセットコストのかかるセットカードが付いているので、それを支払っても使うべきタイミングがあるのだろう。自分だけでなく、フレンド1体も上昇するということは・・・雪歩をかばうのかな!?
「バトルに参加していても~」についても実はよくわからない。防御キャラに指定した後、セットカードを戻した場合、真の防御力の算出はどうなるのだろう?(戻したセットカードの上昇分は入るのか入らないのか)
わからないので、目の前を通りがかったキング村山に教えてもらう。
・・・・教えてもらう・・・・
なるほど。通常、バトルに参加していると、「Battle」と書いてある起動型テキストは使用できないそうだ。ただ、真には「バトルに参加していても~」と書いてあるので使えると。それから戻したセットカードの上昇分は入らないそうな。ダメージ判定の時に与えられている効果を再度計算すれば良いのだね?
というわけで、若干の不安を残すものの、ブンケイ現状お気に入り度:90点。
いや、フトモモのせいじゃなくて!

・やよい:
でました!スタッフオススメ度No.1アイドル、みんなのやよいちゃん。ただ彼らは容赦の無い戦場で明日をもしれず生きるジャッカルの群れなので、私のような子羊が盲目的に従ってはいけないのです。
さてテキストを読むと、まず防御+3と書いてある。
んでもって、エクストラカードを使い捨てることでカードが2枚引ける。
ここまでは、戦いをじっくり進めるための能力。
真価はあくまで最後の「レベル3以上で~」イベントをノーコストで使える能力だろう。
しかし、どのイベントをどのタイミングで使うと効果的なのか?まだよくわからない私には、まだまだやよいを導くのは難しいと思われる。
ブンケイ現状お気に入り度:30点。

・伊織様:
ぷちます!では、いおビームが活躍してましたね。わかりやすい。
ではOFAの伊織様は? カードが2枚引けるのは安心。
さらに、自力で貫通が付けられる、って書いてある。つまり、さくさくお安いフレンドを登場させ、毎ラウンドひっくり返して貫通つけて殴れ、ということだね!ブンケイわかった。
問題はひっくり返ったフレンドをどう戻すか?だけど、エクストラだとか、裏表登場フレンドとか、なんだかんだ言って手段はありそう。あまり難しくない気がする。
ブンケイ現状お気に入り度:75点。

・律子:
先程も触れましたが、3枚観れる未来予知能力は安心安全、さらばWZ。
しかし、いざ攻撃となるとエクストラさえ出ていれば+3/+3はわかっているので、後はいかに貫通をつければよいか?ということ。
貫通をつける方法を考えられたら、またデッキを組もうと思う。
ブンケイ現状お気に入り度:60点。

・あずささん:
とりあえずカードを引けるフレンドを配置できれば、貫通つけて+2で殴れることはわかった。一方、「耐久力-3」の効果はどう使えば良いのかよくわからない。耐久力3以下の敵フレンドを対象にした場合はどうなるのだろう?
わからないので、再び目の前を通りがかったキング村山に教えてもらう。
・・・・教えてもらう・・・・
耐久力3以下のフレンドを対象にこの効果を使うと、容赦なく裏にできるそうな。バトル以外のダメージ3減とかついていても関係ないわけですね。
さらにキングは「相手パートナーを対象に使うと相手が悶絶しますぜグフフフ」と言っていたが、どうなんだろうか。やられてみないとよくわからないね。
ただ、能力発動にコストかからないのは有り難い。発動に迷わなくてすむ。
というわけで、ブンケイ現状お気に入り度:55点。

・亜美:
うん、正直テキスト読むだけでいっぱいいっぱいだ!(それは律子の曲だ!)
まず、相手の控室をバックヤードに送る効果については、「どのカードを送ると効果的なのか?」が良くわからないので、正直今の私には使えない。また、いわゆるタッチレストと呼ばれる(のでしょうか?)効果については、これは実際にプレイして相手にやられてみないとその効果のほどが良くわからない。少なくとも今の私にはイマイチ。ただなんとなく、相手のガードキャラを減らしてアタックすんよ、というのはわかった、気がする。
まだまだ理解にはほど遠い。ブンケイ現状お気に入り度:35点。

・真美:
よし、真美はわかりやすいぞ!
1枚も控室が増えない相手なんていないと思われるので、基本、毎ターン目標のキャラ1体コロス。相手が千早姉ちゃんならバトルダメージ扱いでコロス(ひどい!)。素晴らしい。んでもって、相手のデッキが残り2枚になったら直接ダメージで締め、だね!
後は、毎ラウンド倒す相手キャラを選定できる選定眼が必要、吾輩には未だない。
ダメージ減殺のセットカードがどうせあるはずなんで(というか、僕はぷちます!の時にそれで痛い目を見たのでダメージ減殺のセットカードとかキャラとかは盛りたい)、セット割イベントを多めにいれておけばいいんじゃね? 
ブンケイ現状お気に入り度:65点。

・美希:
うん、強いこと書いてある!
セットコストのかからないセットカードたくさん積んどいて、毎ターンつけたり外したりすればいいんですよね。理解理解。
わかりやすくて強そう、最高。ただ、独りではカードドローが増えない。ドロー能力を持つフレンドを選ぼうと心にメモする。
ブンケイ現状お気に入り度: 100点!

・響:
まず、上の「上昇効果無効」は、やや実際どのくらい効果があるのか?はまだわかりづらい。これは実際に相手にプレイしてもらって、その強さを実感した方が良いかもしれない。
下のバックヤードに2枚送って発動する能力は、とりあえず下の貫通付与にして殴ればいいのかな~程度の理解。そこは評価。上は防御に使うのかな?。
ブンケイ現状お気に入り度: 55点
と書いたところで、またまた通りがかったキング村山が「上昇効果無効は使いこなせば最強クラスの能力なんやで~」と言い残していく。使いこなせるようになる日を期待しよう。

・貴音さん:
とりあえず、フレンドを登場させたら貫通がつくので殴れ!ということはわかった。
下の能力も、攻撃時は上、防御時は下を選べば良いのでしょ?わかりやすい。
ブンケイ現状お気に入り度: 80点

 

 というわけで、全パートナーを見てきました。既におわかりかと思います。
この「お気に入り度」は、いわゆる「強さ」の判断ではありません。主に「わかりやすさ」「僕がつかいこなせるかどうか」に基づいています。
「どのパートナーを選ぶべきか」という問いについて、多くのプレイヤーの皆さんは、あくまで善意から「強さ」で回答すると思います。
しかし、「強さ」で判断して回答するのはまだ時期尚早と言いたい。
今目指すのは、実は「強さ」そしてその結果としての「勝利」、ではありません。
その「前段階」。全てのカードを納得して選択し、運用すること。デッキを自分で組んで、自分でドローして、自分で納得してプレイすること。
それなくして、どんな1プレイも、(たとえ勝利したとしても)真の喜び、プレイの満足にはほど遠いのではないでしょうか?

 

 というわけで。
まず今回は「美希」をパートナーに、セットコストのかからないセットカードをやたら積んだデッキを作ってみようと思う!

・・・以下次号!

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード