ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

ChaosTCGでも765プロのアイドルをプロデュースしたい同僚のみなさまに送る、ブンケイPの検討メモ

第3回(2014/12/16)

 さてさて。765プロアイドルのうち誰かを担当しているプロデューサーで、現在ChaosTCGを本格的には遊んでいないがOFAのブースターパック発売を期に、ちょっとやってみたい!と思っている方を対象にした
「各カードについて、自分の判断で納得してプレイ」
して
「同じぐらいの技量のプレイヤーと対戦して善戦する」
そして
「ChaosTCG特有の面白さを感じる」
ことを目指す本テキスト。
 需要があるかわかりませんが、その第3回めです。

○ここまでのおさらい

『潜在能力無限大!「星井美希」』をパートナーにしてデッキを作成しました。
TCGのデッキビルドは実地にプレイしてこそ!と思っているので
(というか、私自身が弱いくせに他人に「強いカード教えて」と言うのが嫌い、なので)
まずは回してみようかな、という今回です。

 

【対戦する】
7)対戦する。
「ChaosTCGチームに適切な=強すぎない、キングみたいに心折りに来ないプレイヤーを用意してくれたまえ、あとデッキはOFAのトライアルデッキ希望ね(はーと)」
と依頼してしばし。
チームより用意が整ったということで開発ルームに向かった私を待っていたのは!

・対戦相手:腕利きテストプレイヤーA君
・デッキ:オススメデッキレシピ 菊地真編:
→こちらに掲載中

「おい、話が違うぞ大佐」
「まあまあ、君なら出来る!美希への愛を見せてくれたまえよ」

 騙された!おのれ、おのれChaosチームめぇぇぇぇぇ!

 というわけで、死ヌほどプレイ経験の違う相手の使う完成されたデッキ相手に戦うブンケイPの運命やいかに!

***********
1時間半後
***********

 はい、アッサリ負けましたが。(/_;)

 2戦して2敗、しかし、絶望的なほど差が開いた感じはありません。相手のパートナー運にも助けられ、だいぶ攻め込んだ感じはありました。
いくつか得られた知見もありますので、それを皆さんに共有しようと思います!

○良かった所
・ほぼ手札に困らない
今回、パートナーの美希にドロー能力が無いため、手札1枚を控え室に置いて2枚ドローするフレンドを多数搭載しましたが・・・なんと2戦中1回も使用しませんでした。でも手札には困りませんでした。何故か。


「ファンレター」
のお陰です。つけてドロー、美希の能力で手札に戻し、次のターンにまたつけてドロー。これがくるくる回ります。1回、セットカードを控え室に落とされる事がありましたが、
「まもなくオーディション あずさ」
の能力で問題なく回収です。

・思った以上に玲音が強い

「トップオブトップ」の玲音が強いです。
【乱入】コストのフレンド2枚手札に戻すが効果的。今回、手札から出した時に能力を発動させる軽量フレンドが多いので、彼女たちを手札に戻すのは「もう1度能力を使える」ことになるだけです。「まもなくオーディション あずさ」を戻して玲音を乱入、再びあずさを出してセットを手札に戻し、戻したセットを玲音に付ける、という事ができますね。
登場したターンのみ、攻撃力+4で11点貫通攻撃ができます。
1回だけでも十分な重さです。

・ほぼ毎回貫通アタック
この様に、潤沢に手札が得られ、セットカードを貼ることができるので、問題なく貫通スキルを得てアタックすることができました。
相手の回りが普通ならば、ほぼ「4ダメージを与える」は3減少されますが、それまでは相手のパートナーの耐久力を削ってダメージを増やすも良し、相手の困るフレンドを裏返すも良し、おまけと割り切ればなかなか痛快です。

【チェックポイント】

ここでひとつ、注意点。今回、主に美希の状態を回復するために、エクストラに「サマーブリーズカラーズ」を用意しています。それは良いのですが、「サマーブリーズカラーズ」のままでいると、セットをつけても貫通は付きません。(あくまで、その能力は「潜在能力無限大!~」が有しているため)
もったいないですが、美希にはすぐ制服を脱いでもらいましょう。

 

○悪かった所
・「The world is all one !!」で負ける

イベント「The world is all one !!」は、お互いのキャラのスキルを無効にするイベントカードです。このイベントを使用され、こちらの貫通攻撃が貫通しなくなります。
すると、ほぼその1ターンの攻撃が無効化されてしまいます。
(美希のアタックはフレンドで阻止、他の大きめフレンドのアタックはパートナー、あるいはその他のフレンドで阻止しきれる)

 実は、実際にこうしてプレイしてみるまで、

「1ターン、攻撃が阻止されることの大きさ」

を理解していませんでした。
実は、ChaosTCGの最近のターン数は「平均5~6ターン」であると言います。
つまり、相手に4~5回アタックした段階で勝負が付いているのです。
5ターン中の1回。この1ターンの重みがわかるでしょうか?
実際、2戦目では最後のアタックをこのイベントで阻止されたこの1ターンの差でほぼ敗北しています。

 対策としては、こちらもこのイベントカードを搭載し、こちらも1ターン生き延びること。まずはそれが考えられますね。

 

・相手の邪魔なフレンドをいかに裏返すか?
相手の邪魔フレンドを裏返す方法として、まず直接ダメージを与える方法があります。美希にはその能力があります。
しかし、「ダメージ3減少」を持っていないわけがないので、余り有効ではない、というのが現在の肌感覚。(逆に相手にやられるとトラウマとして深く刻まれるわけですが)
ここで一考。この「ダメージ3減少」を破る方法はないでしょうか。
この能力は、例えばセットカード「スポーツバッグ」で与えられています。このセットカードの採用率は極めて高いと考えられます。
ならば、例えばイベントカード「Kosmos, Cosmos」。実際仕掛けられましたが、このイベントは相手の控え室のカードを2枚バックヤードに送り、更にセットカードを控え室に1枚送ります。つまり、既に控え室に置かれているセットも回収不可能にできるのです。困りましたねあずささん。
さらに「高飛車お嬢様」がいれば、控え室からの回収そのものもできずこれは大変!
・・・
一方、「ダメージ3減少」能力を持つフレンドもいます。「気づいた存在「我那覇 響」」等がそれですね。
ダメージが3減少されてキャラを裏返しできないのに、その能力がキャラ自身にあるとはどうしたら良いのでしょうか。
ひとつの解決策としては、イベントカード「目が逢う瞬間」を使うことでしょう。これにより、相手の「ダメージ3減少」能力を持つフレンドを狙い裏返し。効果を失ったところで他のフレンドにダメージを与えるのはどうでしょうか。

 

 既に触れた様に、「1ターン凌ぐ」ことは、相手の総攻撃の1/5を失わせるに等しいと考えられます。
逆に言えば、本来防がれる1ターンの攻撃を、強引にもこじ入れることができれば、勝利に1/5近づくはずです。
イベントカード1枚で1/5勝利に近づく、と考えてみるのはどうでしょうか。

(ちなみに、僕はやはり、防御より攻撃が好きなので、守り切ることではなく、倒しきることを考えたいです) 

【チェックポイント】
Battleのアイコンが付いている能力の使用タイミングについて。
実は、美希の「セットカードを手札に戻し、+3/+3を得る」能力は、
「アタックキャラとして美希を選択し、相手がガードキャラを選択した『後』」
で実行して構わないのです。
今一度、プレイシート等の「ターンの流れ」の「バトルフェイズ」を確認してください。
①イベントカード・キャラの能力の使用
②アタックキャラの選択
③イベントカード・キャラの能力の使用
④ガードキャラの選択
⑤イベントカード・キャラの能力の使用
⑥ダメージの解決
⑦①に戻る
つまり、この⑤のタイミングで使用しても十分⑥のダメージの解決に間に合うのです。
これは、指摘されるまでわかっていませんでした。
(なお、同じタイミングで自分と相手が能力を使用したい場合は、ターンプレイヤーが優先です)

 

8)改良する
さてさて、今回の戦いで以下の方針を得ました。

・「The world is all one !!」をこっちも積もう!
・キャラは少し多すぎる。削ろう。
・「Kosmos, Cosmos」も積んでみるべきか?
・・・いや、「目が逢う瞬間」にしよう!

 最後の「目が逢う瞬間」についてちょっと説明しましょうか。

目が逢う瞬間は目標のフレンドを直接【裏】にできる強力なイベントですが、コストも相応に重い。(まあ、重い思いの歌だし?) 
しかし、今回のデッキでは主に攻防に参加するのは美希一人。他のフレンドは、相手が大抵貫通攻撃を仕掛けてくるに対し、防御力が低く盾代わりにもならぬ、と防御にも参加していません。ということは、コストとして裏返しても、あまり痛くないということ、と判断しました。

では、ここまでのまとめ。

*** アイマスOFA 美希パートナーデッキ ブンケイ初稿 改 ***

○パートナー
潜在能力無限大!「星井美希」×4
○キャラ(×26)
・まもなくオーディション「三浦 あずさ」×4              
・気付いた存在「我那覇 響」×3
・温泉を満喫「如月 千早」×3
・高飛車お嬢様「水瀬 伊織」×2
・遠くて近い将来「高槻 やよい」×2
・多忙な日々「天海 春香」×2
・以心伝心「双海 真美」×2
・トップオブトップ「玲音」×3
・まもなくオーディション「秋月 律子」×3
・仕事に向かう「我那覇 響」×2
○セット(×10)
・ファンレター×3
・LUCKY RABBIT×3
・スポーツバッグ×2
・765インカムNEO×2
○イベント(×10)
・ふるふるフューチャー☆×3
・Destiniy×1
・CHANGE!!!!×2
・The world is all one !!×2
・目が逢う瞬間×2
○エクストラ(×10)
・サマーブリーズカラーズ 「星井 美希」×3
・ブライトイーグレット「三浦 あずさ」×3
・最強のライバル「玲音」×2
・ブラックスワンX-1「如月 千早」&「秋月 律子」×2

 

 この調整で、できれば同じ相手と戦って、感触を得たいところです。

ちなみに視界の端でキング村山が「私の戦いを見ながら」デッキを調整していた様ですが。そういう相手と今やりたくありません。嫌だってば。

 当初の目標を思い出しましょう。

・同じぐらいの技量のプレイヤーと対戦して、「勝ったり負けたりできる」

 です。キングには「お前の出番は遥かに先だよ」と言いたい。ぜひ言いたい。

 果たして社内に私と同じぐらいの技量のプレイヤーがいるのか?
次回に続く!

←第2回目

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード