ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

帰省した「宮内 ひかげ」パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《帰省した「宮内 ひかげ」》です。
このキャラはセットカードがセットされたときにカード1枚を引いて『貫通』を得る能力と、このキャラにセットされているセットカード1枚を手札に戻すことで、目標のキャラ1体に3ダメージを与えるか、相手のキャラすべてに自分のアリーナのセットカードの枚数分ダメージを与えるかを選んで発動する能力を持っています。
カードの効果で相手のキャラにダメージを与えながら、有利に戦いを進めていきましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
パートナーの能力を発動させるにはセットカードが必要なので、カードを引く能力を持った《越谷家に遊びに来た「富士宮 このみ」》を登場させてセットカードを引きにいきましょう。引いてきたセットカードはパートナーにセットすることで、セットカードの能力を発動させつつ、パートナーの能力でさらにカードを引くことができます。パートナーにセットしたカードが《イチゴジャム》などのセットした場合に発動する能力を持ったセットカードであれば、パートナーの能力で手札に戻すことで、相手のキャラにダメージを与えつつ手札からもう一度そのカードをセットすることができるので、セットカードの能力を再度発動させることもできます。

 

■中盤の戦い方
セットカードの効果を駆使しながら戦いを進めていきましょう。《説教する「越谷 雪子」》は、自分のフレンドにセットされているセットカードを手札に戻すことでカードを引く能力と、パートナーの攻撃力を上昇させる能力を持っています。パートナーの能力と合わせて、さらにセットした場合に発動する能力を持ったセットカードの能力を発動させることができます。中盤からは《れんちょんのぬいぐるみ》を手札に戻しながら能力を発動させるようにしましょう。セットした場合に目標のキャラに2ダメージを与えることができる能力を持ったセットカードです。一回で相手に与えられるダメージは少ないですが、パートナーの能力や《説教する「越谷 雪子」》の能力と組み合わせることで、大きなダメージを与えることができます。相手のフレンドを裏向きにしたり、相手のパートナーにダメージを与えたりしながら、攻撃力が上昇したパートナーでアタックすれば、『貫通』によるダメージが与えやすくなります。

 

■終盤の戦い方
パートナーの能力で相手のキャラに大ダメージを与えるためには、たくさんのセットカードが必要なので、《てるてる坊主のお面》をセットすることで控え室からセットカードを手札に加えましょう。また、《てるてる坊主のお面》は、追加でセットカードをセットできるようになる能力も持っているため、さらに自分のアリーナのセットカードの枚数を増やすことができます。アリーナのセットカードの枚数を増やしてパートナーで相手のキャラすべてにダメージを与えれば、多くのフレンドは裏向きにできるでしょう。相手のアリーナに表向きのキャラが残っている場合には、《れんちょんのぬいぐるみ》でダメージを与えることで裏向きにしたり、《れんげを送る「加賀山 楓」》でレスト状態にしながら、一気に攻めていきましょう。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
NB-032 (パートナー) 帰省した「宮内 ひかげ」 4
NB-009 おめかしした「一条 蛍」 2
NB-011 めぐる季節“夏”「越谷 夏海」 4
NB-030 れんげを送る「加賀山 楓」 4
NB-035 越谷家に遊びに来た「富士宮 このみ」 4
NB-037 説教する「越谷 雪子」 4
NB-T02 小学5年生「一条 蛍」 4
◆イベントカード◆
NB-073 勢いのあるツッコミ 1
NB-074 白刃取り 2
NB-075 近所のお店 2
NB-080 脅かし役 2
NB-087 魚捕り 3
NB-T14 噛まれる卓 2
◆セットカード◆
NB-092 夏の思い出 3
NB-099 れんちょんのぬいぐるみ 3
NB-100 てるてる坊主のお面 2
NB-T16 イチゴジャム 4
◆エクストラカード◆
NB-045 配膳する「一条 蛍」 1
NB-048 れんげと遊ぶ「越谷 夏海」 2
NB-057 ミルクを温める「加賀山 楓」 2
NB-061 雑誌を持ってきた「富士宮 このみ」 3
NB-T18 東京からの転校生「一条 蛍」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード