ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

クールなリーダー格「土岐 のぞみ」パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《クールなリーダー格「土岐 のぞみ」》です。
このキャラは自分のメインフェイズ開始時にカード1枚を引く能力と、バトルフェイズに自分の控え室のカードをバックヤードに置くことで、このキャラの攻撃力を2上昇して『貫通』を得るか、目標の自分のキャラの耐久力を2上昇してレスト状態でもガードができる能力を与える能力を持っています。
このデッキは、自分の控え室のカードをコストに戦うため、常に控え室のカードの枚数を保ちながら戦いましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤はカードを引きつつ中盤に備えましょう。《歌の天使「御園 千莉」》《夜空の下で「鈴木 佳奈」》はそれぞれ手札1枚を控え室に置くことでカードを引く能力を持っているので、パートナーの能力の発動に必要な控え室のカードを増やすことができます。また《歌の天使「御園 千莉」》はパートナーの耐久力を上昇させる能力を持っているため、パートナーでガードした場合に裏向きになりにくくなるのでオススメです。

 

■中盤の戦い方
このパートナーはサポートする能力を持ったキャラを登場させましょう。
《おせっかいな妹分「藤宮 朔夜」》は自分の「土岐 のぞみ」の攻撃力と耐久力を2上昇させる能力と、このバトルに参加している場合、バトル相手が受けている攻撃力や耐久力を上昇する効果すべてを無効にする能力を持っています。パートナーの能力でこのキャラの耐久力を2上昇してレスト状態でもガードキャラに選べるようにできるので、相手の攻撃力の高いキャラのアタックはこのキャラでガードしてダメージを抑えて戦いましょう。
《三人の絆「桐島 慶》はこのキャラ以外の自分のキャラの攻撃力と耐久力を2上昇させる能力を持っているので、アタック時やガード時に有利にバトルすることができます。さらに、《歌の天使「御園 千莉」》などと同様のカードを引く能力を持っているので、控え室のカードを増やすこともできるので、このパートナーととても相性が良いです。

 

■終盤の戦い方
終盤はじっくり守りつつ。勝負を仕掛ける瞬間を見極めましょう。
《おせっかいな妹分「藤宮 朔夜」》は非常に強力なガードキャラになるために、相手はこのキャラを裏向きにしてアタックしてきた場合には《誘い出したベランダ》を使用しましょう。《誘い出したベランダ》は自分のキャラを表向きスタンド状態にすることができるので、裏向きになった《おせっかいな妹分「藤宮 朔夜」》をガードできるようにすることができます。
相手のデッキが減ってきてパートナーのレベルも上がってきたら、《打ち解けた想い「桜庭 玉藻」&「白崎 つぐみ」》を登場しましょう。《打ち解けた想い「桜庭 朔夜」&「白崎 つぐみ」》は登場かレベルアップした場合に相手のキャラすべてに3ダメージを与える能力を持っているので、相手のキャラにを裏向きにしてガードできないようにすることができます。《三人の絆「桐島 慶」》が登場していれば、全体の攻撃力も上昇しているので、一気に勝負を決めに行くことができます。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
AU-319 (パートナー) クールなリーダー格「土岐 のぞみ」 4
AU-222 図書館の王道パターン「白崎 つぐみ」 4
AU-324 おせっかいな妹分「藤宮 朔夜」 4
AU-329 艶やかな和服姿「桜庭 玉藻」 4
AU-331 歌の天使「御園 千莉」 4
AU-334 夜空の下で「鈴木 佳奈」 4
AU-343 家族候補「白崎 さより」 4
AU-345 三人の絆「桐島 慶」 4
◆イベントカード◆
AU-300 つぐみのスピーチ 3
AU-303 誘い出したベランダ 3
AU-360 夏の終わり 2
AU-363 過去の記憶 2
AU-364 密着テント泊 2
◆セットカード◆
AU-366 ステージ衣装 4
AU-367 アプリオの制服 2
◆エクストラカード◆
AU-266 打ち解けた想い「桜庭 玉藻」&「白崎 つぐみ」 2
AU-275 壊れない関係「鈴木 佳奈」&「御園 千莉」 2
AU-349 逃したシャッターチャンス「土岐 のぞみ」 2
AU-353 姫と君主と婿養子「桜庭 玉藻」 2
AU-354 ディーヴァの還るところ「御園 千莉」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード