ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

まるで胡蝶のよう「神鳳 杏」パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《まるで胡蝶のよう「神鳳 杏」》です。
このキャラはメインフェイズに手札1枚を控え室に置いてカードを引く能力と、バトルフェイズに控え室のキャラカードをバックヤードに置くことで、このキャラの攻撃力を3上昇し『貫通』を得るか、このキャラの耐久力を3上昇して自分の表向きのエクストラキャラが登場している場合に追加で控え室のイベントカードを手札を加えるかを選んで発動できる能力を持っています。
高い攻撃力で『貫通』によるダメージを与えたり、イベントカードを控え室から手札に加えながら戦いましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤はカードを引く能力を持った《近づく終わり「ティナ」》《切り出した別れ「瓜生 桜乃」》を登場させて中盤に備えましょう。
《切り出した別れ「瓜生 桜乃」》はカードを引く能力と相手は控え室のカードを手札に加えることができなくなる能力を持っているため、相手の動きを制限させながら手札を増やすことができます。
手札に余裕がある場合は《幼き日の記憶「瓜生 桜乃」》を登場させると良いでしょう。《幼き日の記憶「瓜生 桜乃」》はパートナーの攻撃力を上昇させる能力と、バトル以外のダメージを減少させる能力を持っているのでバトルを有利に進めることができます。また、表向きのエクストラキャラが登場していることで、パートナーの能力でイベントカードを手札に加えながら戦えるようになるので早めに登場させておくとよいでしょう。

 

■中盤の戦い方
中盤はパートナーの能力を活かすためにエクストラキャラを登場させつつ、イベントカードを使用しながら戦いましょう。
《おねむのじかん「浅葉 こなみ」&「ティナ」》は相手の手札のキャラカードすべての【乱入】を失わせる能力と、登場やレベルアップした場合に目標のキャラ1体に5ダメージを与える能力を持っているので、相手のフレンドを裏向きにしてガードできない状態にしていきましょう。
中盤にパートナーの能力で手札に加えるイベントカードは、使用するためにコストが必要ない《バックアタック》がオススメです。《バックアタック》は攻撃力を3上昇させるか攻撃力を3減少させるイベントカードで、アタック時に使用して相手に与えるダメージを増やしたり、ガード時に相手のキャラの攻撃力を減少させて受けるダメージを減らしたりできるので攻守ともに活躍できます。

 

■終盤の戦い方
終盤は強力なイベントを使用していきましょう。
《お昼寝ニート妖精》は目標のキャラ1体をレスト状態にするイベントカードで、相手のパートナーもレスト状態にしてガードキャラに選べなくすることができるため相手に大ダメージを与えることができます。
《ぱんつから広がる世界》は目標のキャラの攻撃力を上昇させて『先制防御』を与えるイベントカードで、ターン終了時まで目標のキャラの攻撃力以下の相手のアタックを通さなくなるので、相手にフレンドをすべてガードできない状況にされて攻められても守り切ることができます。これらのイベントカードは手札の消費も激しいので、ここぞという状況で使用しましょう。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
PT-001 (パートナー) まるで胡蝶のよう「神鳳 杏」 4
PT-006 風呂上がりの誘い「一ノ瀬 美桜」 4
PT-009 手錠で急接近「月嶋 夕莉」 4
PT-013 デキるクール妹「浅葉 こなみ」 4
PT-015 近づく終わり「ティナ」 4
PT-017 恋の賞金首「浅葉 悠真」 4
PT-022 下町のアイドル巫女「一ノ瀬 美夕」 4
PT-054 切り出した別れ「瓜生 桜乃」 4
◆イベントカード◆
PT-038 さいごのわがまま 2
PT-039 弱い心と優しい嘘 2
PT-041 お昼寝ニート妖精 2
PT-044 破り捨てた規則 2
PT-092 バックアタック 4
PT-096 ぱんつから広がる世界 2
◆セットカード◆
PT-097 メイドの失敗 4
◆エクストラカード◆
PT-026 乗り越えたトラウマ「一ノ瀬 美桜」 3
PT-032 呆れる「月嶋 夕莉」&妄想腐女子「一ノ瀬 美桜」 2
PT-035 おねむのじかん「浅葉 こなみ」&「ティナ」 3
PT-074 幼き日の記憶「瓜生 桜乃」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード