ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

光の芸術「成川 姫」パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《光の芸術「成川 姫」》です。
このキャラはアタックキャラに選ばれた場合に攻撃力が2上昇し、セットカードがセットされていれば、かわりに攻撃力が4上昇して『貫通』を得る能力と、このキャラがガードキャラに選ばれた場合に耐久力が3上昇し、セットカードがセットされていればカード1枚を引く能力を持っています。
このキャラにセットカードがセットされていることで能力が強力になっていくので、率先してセットカードをセットして戦いましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤はセットカードを引くために、カードを引く能力を持ったキャラを登場させましょう。《宝石の海の中で「黒川 瀬良」》《ダイゴロウと「吉野谷 星音」》はカードを引く能力のほかにも、このキャラが登場した場合に相手にダメージを与える能力や、相手が控え室のカードを手札に加えることができなくなる能力を持っているのでお勧めです。

 

■中盤の戦い方
パートナーにセットカードをセットして戦いましょう。
《白イタチさま抱き枕》は相手が控え室のカードを手札に加えることができなくなる能力と、バトル以外のダメージを3減少する能力を持っているセットカードなので、パートナーにセットしておくことで自分のフレンドが裏向きになりにくくなります。また、《塩味のポテトフライ》は追加でこのセットカード以外のセットカードを追加でセットすることができるので、《白イタチさま抱き枕》と一緒にパートナーにセットするとよいでしょう。パートナーの能力で、セットカードがセットされていると攻撃力が上昇して『貫通』を得るので相手にダメージを与えやすくなります。
セットカードをセットできたら、よりダメージを与えやすくするために《ヒーローショー「吉野谷 星音」》を登場させましょう。《ヒーローショー「吉野谷 星音」》は、このキャラ以外の自分のキャラすべての攻撃力と耐久力を2上昇させる能力を持っているので、『貫通』によって与えるダメージを増やすだけでなく、耐久力も上昇するので、相手のターンでも守りやすくなります。

 

■終盤の戦い方
終盤は複数の効果を持つ《ゲームセンターデート》を使用しましょう。
1つ目の能力は、エクストラデッキのカード名に〈〈〈&〉〉〉を含まないエクストラカード1枚を公開して、登場を無視して自分のアリーナの同じネームを持つキャラの上に重ねて登場させることができるので、《ジムでトレーニング「黒川 瀬良」》を公開して登場することで、自分キャラすべての攻撃力を上昇させることができます。
2つ目の能力は自分のフレンド1体を控え室に置き、自分の手札のキャラカード1枚を登場を無視して登場させることができるので、《お化け屋敷デート「出水 和琴」》のような強力な能力を持っているが登場させにくいキャラを登場させることができます。
3つ目の能力はバトル中に攻撃力と耐久力を3上昇させることができる能力なので、攻めでも守りでも使うことができます。
状況に応じて能力を使い分けて、有利に戦いを進めていきましょう。

  
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
HW-016 (パートナー) 光の芸術「成川 姫」 4
HW-001 癒し系アイドル「七沢 由仁」 4
HW-011 麗しの競泳水着「月岡 三朝」 4
HW-014 弱くて寂しがり屋な素顔「黒川 瀬良」 3
HW-015 宝石の海の中で「黒川 瀬良」 4
HW-020 ごきげんクレープ「韮崎 日向」 4
HW-024 ダイゴロウと「吉野谷 星音」 4
HW-027 お化け屋敷デート「出水 和琴」 3
◆イベントカード◆
HW-040 ベッドの上には 2
HW-041 星降る夜に 2
HW-043 2人乗りメリーゴーランド 2
HW-044 ゲームセンターデート 4
HW-045 LOVELY×CATION 2
◆セットカード◆
HW-049 白イタチさま抱き枕 4
HW-050 塩味のポテトフライ 4
◆エクストラカード◆
HW-028 テニスウェア姿の「七沢 由仁」 2
HW-032 ジムでトレーニング「黒川 瀬良」 4
HW-035 ヒーローショー「吉野谷 星音」 2
HW-037 学生時代からの仲「黒川 瀬良」&「月岡 三朝」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード