ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

狙い定める「ティグル」 パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《狙い定める「ティグル」》です。
このキャラは、バトルフェイズ開始時にカード名に<<<姫>>>を含む表向きのフレンドが登場している場合、攻撃力と耐久力が上昇する能力と、【セット】を持つセットカードがセットされている状態でこのキャラがアタックキャラに選ばえれた場合、カード1枚を引き、カード名に<<<姫>>>を含む表向きのフレンドが2体以上登場しているなら、控え室のカードをバックヤードに置くことで相手のフレンド1体を裏向きにすることができる能力を持っています。
カード名に<<<姫>>>を含むカードのみでデッキを構築しているので、キャラを次々に登場させ、相手の耐久力の高いフレンドを裏向きにしながら相手にダメージを与えていきましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤は、《進言する“戦姫”「ソフィー」》《虚影の幻姫「ヴァレンティナ」》を登場させましょう。それぞれカードを引く能力を持っているため、中盤以降に備えて手札を充実させることができます。《進言する“戦姫”「ソフィー」》はパートナーの耐久力を上昇させる能力を持っているので、パートナーの能力とあわせて相手のアタックを守りやすくなります。《虚影の幻姫「ヴァレンティナ」》は相手のキャラの耐久力を減少させる能力を持っているので、耐久力の低いフレンドなどを裏向きにしながら攻めやすい状況を作ることができます。

 

■中盤の戦い方
中盤は、パートナーに《崩呪の弦武ムマ》をセットして、『貫通』によって相手にダメージを与えていきましょう。手札に《崩呪の弦武ムマ》が無く、控え室に置かれている場合には《紅茶を嗜む“戦姫”「ミラ」》を登場させることで、控え室のセットカードをパートナーにセットすることができます。今回のデッキではパートナーが『貫通』を得るためには《崩呪の弦武ムマ》が必要になり、パートナーの能力を活かすためにもセットカードが必要になるため、相手のカードの効果でパートナーにセットされている《崩呪の弦武ムマ》を控え室に置かれても、再びセットできるように常にどちらかのカードを手札に持つようにしましょう。

 

■終盤の戦い方
終盤は、《命の灯“戦姫”「サーシャ」》《威圧的な“戦姫”「エリザヴェータ」》を登場させて相手のフレンドをレスト状態にしましょう。パートナーの能力とあわせて、相手のフレンドがガードキャラに選ぶことができないようにすることで、相手に大ダメージを与えやすくなります。相手のキャラをレスト状態にできるキャラがいない場合には、《羅轟の月姫「オルガ」》《矢をも切り捨てる“戦姫”「エレン」》を登場させて、攻撃力の高い『貫通』を持つキャラで一気にアタックをしても大ダメージを与えていくことができるので、手札にあわせて攻め方を選択していきましょう。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
MV-PR003 (パートナー) 狙い定める「ティグル」 4
MV-003 頷く“戦姫”「エレン」 4
MV-012 紅茶を嗜む“戦姫”「ミラ」 4
MV-014 進言する“戦姫”「ソフィー」 4
MV-019 命の灯“戦姫”「サーシャ」 4
MV-022 鞭の舞姫「エリザヴェータ」 4
MV-024 虚影の幻姫「ヴァレンティナ」 4
MV-026 羅轟の月姫「オルガ」 4
◆イベントカード◆
MV-073 銀の流星軍 2
MV-077 応急処置 2
MV-079 謝罪の言葉 2
MV-080 被り物で変装 2
MV-088 おやすみルーニエ 2
MV-T10 レイ・アドモス 2
MV-T12 甦る魔弾 2
◆セットカード◆
MV-096 崩呪の弦武ムマ 4
◆エクストラカード◆
MV-043 矢をも切り捨てる“戦姫”「エレン」 2
MV-048 素直な感想“戦姫”「ミラ」 1
MV-050 不敵な笑み“戦姫”「ソフィー」 2
MV-053 威圧的な“戦姫”「エリザヴェータ」 2
MV-054 暗躍する“戦姫”「ヴァレンティナ」 2
MV-055 放浪の“戦姫”「オルガ」 1

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード