ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

タリサ・マナンダル パートナーデッキ

このデッキの遊び方


このデッキのパートナーは 《“衛士”近接格闘戦のエキスパート「タリサ・マナンダル」》 です。

このキャラは相手のバックヤードのカードが10枚以上ある場合、バトルフェイズ開始時に、自分のキャラすべての攻撃力と耐久力が2上昇する能力と、このキャラがアタックキャラやガードキャラに選ばれたとき、相手の控え室のカード1枚をバックヤードへ送る能力を持っています。
このデッキでは、パートナーの能力を活かすために、相手の控え室のカードをバックヤードに置きながら戦うデッキになっています。

ゲーム開始時の手札の選択

このデッキでは相手のバックヤードの枚数が重要となっています。相手の控え室のカードをバックヤードへ送る能力を持つ《XFJ計画開発主任「篁 唯依」》や相手のデッキへ直接ダメージを与え、控え室の枚数を増やすことのできる《アルゴス4「ステラ・ブレーメル」》が無い場合は引き直した方が良いでしょう。

デッキの動かし方

序盤は《XFJ計画開発主任「篁 唯依」》を登場させましょう。このキャラは、自分のキャラが登場したときに相手の控え室のカードをバックヤードへ送る能力とレスト状態にするとカードを引く能力を持っています。また、相手のバックヤードの枚数が5枚以上だとカードを引く枚数が増えます。パートナーの能力を発動するためのサポートもでき、手札も補充できるのでとても相性の良いカードです。また、《アルゴス4「ステラ・ブレーメル」》はアタック時に相手に1ダメージを与える能力と相手のバックヤードが10枚以上でこのキャラと自分の「タリサ・マナンダル」が『貫通』を得る能力を持っています。相手のバックヤードが溜まるまではデッキに直接ダメージを与え、バックヤードが溜まった後は『貫通』で攻めることができます。

中盤になると、相手とのバトルや能力によって、裏向きのキャラが増えてきます。《揺れ動く心「篁 唯依」&「ユウヤ・ブリッジス」》を登場することで、表向きのキャラを増やしつつ相手の控え室をバックヤードへ送ることができます。
また、相手のキャラも多くなってきてダメージを与えにくくなってきたら《駄々っ子》を使用しましょう。このカードは相手のフレンド1体をレスト状態にして相手の控え室をバックヤードへ送る能力を持っています。相手のバックヤードの枚数を貯めつつ、更に相手のデッキへダメージを与えやすくするカードです。

終盤はパートナーの能力で自分のキャラすべては攻撃力と耐久力が上昇しているでしょう。更なる強化のため《“水着”の「フェーベ・テオドラキス」》を登場させましょう。このキャラは、永続能力でこのキャラ以外の自分のキャラすべての攻撃力と耐久力が2上昇する能力を持っています。更に《快楽主義者「ヴィンセント・ローウェル」》は目標のキャラ1体を表向きにする能力と自分のキャラすべての攻撃力と耐久力をターン終了時まで2上昇する能力を持っています。パートナーの能力と併せることで全体を大幅に強化し、一気に攻めていきましょう。

今回は<トータル・イクリプス>のブースターパックのカードのみで構築をしています。他にも<OS:アージュ>には多くのカードが存在しています。他のカードをデッキに入れて自分好みに改良をしてみてください。

番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
ag-199 (パートナー) “衛士”近接格闘戦のエキスパート「タリサ・マナンダル」 4
ag-188 XFJ計画開発主任「篁 唯依」 4
ag-197 アルゴス1「ユウヤ・ブリッジス」 2
ag-198 アルゴス試験小隊“衛士”「ユウヤ・ブリッジス」 3
ag-203 アルゴス4「ステラ・ブレーメル」 4
ag-209 アルゴス試験小隊メカニック「ヴィンセント・ローウェル」 4
ag-212 “水着”の「リダ・カナレス」 3
ag-216 “水着”の「フェーベ・テオドラキス」 2
ag-221 お調子者「石見 安芸」 3
ag-224 斯衛軍“衛士”訓練生「山城 上総」 3
◆イベントカード◆
ag-261 遠距離射撃 2
ag-267 背負う思い 2
ag-271 洞穴での介抱 2
ag-272 駄々っ子 2
ag-274 口論する2人 2
ag-276 ビーチバレー 2
◆セットカード◆
ag-278 思い出のペンダント 3
ag-279 近接戦闘戦 3
◆エクストラカード◆
ag-245 揺れ動く心「篁 唯依」&「ユウヤ・ブリッジス」 3
ag-251 出撃待機中「石見 安芸」&「山城 上総」 3
ag-259 快楽主義者「ヴィンセント・ローウェル」 4

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード