ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

宮藤 深衣奈 パートナーデッキ

このデッキの遊び方

このデッキのパートナーは 《写真の女の子「宮藤 深衣奈」》 です。
このキャラはガードキャラに選んだ場合に耐久力が上昇する能力と、手札1枚を控え室に置く事で攻撃力が2上昇する能力を持っています。
また、この二つの能力は相手のバックヤードにあるカードが増える事で更に強力な能力に変化します。
このデッキでは、相手の控え室のカードをバックヤードに置いて、能力を発動させながら戦うデッキになっています。

ゲーム開始時の手札の選択

カードを引く能力と相手の控え室をバックヤードに置く能力を持った《受け入れがたい「島崎 康生」》がなければ引き直しをしましょう。毎ターン相手の控え室のカードをバックヤードに置くことができる《受け入れがたい「島崎 康生」》はこのデッキでは非常に重要なカードになっています。

デッキの動かし方

序盤から《受け入れがたい「島崎 康生」》を登場させていきましょう。能力で手札を増やしながら、キャラを登場させることで相手の控え室のカードをバックヤードに置くことができます。パートナーの能力を発動させるために相手のバックヤードのカードを増やしましょう。

中盤も相手の控え室をバックヤードに置きながら戦いましょう。
相手がセットカードをセットした場合には《みるるの一撃》を使用しましょう。セットカードを控え室に置いたのち、控え室のカードをバックヤードに置けるので、パートナーとの相性が良いです。相手のバックヤードにカードが7枚以上置けたら、今度は攻めに転じ、パートナーでアタックしましょう。手札1枚で攻撃力が上昇し、『貫通』を得ることが出来るので、余った手札を使い、相手にダメージを与えましょう。

終盤には《マイペースな兄妹「四道 晴子」&「四道 跨」》を登場・レベルアップさせましょう。相手のキャラにダメージを与えて裏向きにしてしまえば、相手のアリーナにガード出来るキャラが少なくなります。さらに、表向きでも大ダメージを受けているキャラしかいないので、パートナーの『貫通』を活かせる最高の場になり、勝負を決めることができるでしょう。

今回はこのようにデッキを組みましたが、別の組み方もあるので、色々試して自分だけのデッキを組んでみてください。

番号
カード名
枚数
 ◆キャラカード◆
 OT-016 (パートナー)  写真の女の子「宮藤 深衣奈」
4
 OT-004  周りの幸せを願う「森野 苺」
4
 OT-010  意気地が足りない「四道 跨」
4
 OT-019  突然増えた家族「小野寺 樺恋」
4
 OT-020  過去、現在、そして未来へ「神城 麻郁」
4
 OT-022  世話焼きな先輩「織部 椿」
4
 OT-023  受け入れがたい「島崎 康生」
4
 OT-024  天真爛漫娘「四道 晴子」
4
 ◆イベントカード◆
 OT-036  宇宙船浮上
3
 OT-037  みるるの一撃
2
 OT-038  停滞からの目覚め
2
 OT-039  特製ジュース
1
 OT-040  妄想人形劇
2
 ◆セットカード◆
 OT-042  宇宙船制御システム「まりえ」
2
 OT-044  ぷりっち
4
 OT-045  思い出の写真
2
 ◆エクストラカード◆
 OT-031  木崎高校生徒会コンビ「織部 椿」&「森野 苺」
4
 OT-033  親友?「島崎 康生」&「神城 麻郁」
2
 OT-034  マイペースな兄妹「四道 晴子」&「四道 跨」
4

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード