ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

ひよ子 パートナーデッキ

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《“織田家”剣丞隊第一号「ひよ子」》です。
このキャラは相手のバックヤードに置かれているカードの枚数によって、能力が発動します。相手のバックヤードにカードが6枚以上置かれていると自分のフレンドすべての攻撃力を3上昇させ、相手のバックヤードの枚数が12枚以上置かれていると自分のキャラすべてが相手のイベントカードの効果を受けなくなります。
このデッキでは、相手の控え室のカードをバックヤードに置きながら条件の達成を目指し、フレンドの攻撃力を上昇させてアタックして勝利を目指します。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤は、中盤以降に『貫通』を持ったキャラを登場させやすくするために、手札を増やして中盤に備えましょう。
パートナーの能力で手札1枚を控え室に置くことでカード2枚を引くことができるので、手札にある同じカードや登場させにくいカードを控え室に置いて手札を入れ替えていきましょう。フレンドにもカードを引く能力を持ったキャラは多いので、それらも活用しましょう。《“織田家”天下布武「久遠」》は【登場】コストがカード2枚を引いた後に自分の手札1枚を控え室に置くので、自分の手札を入れ替えつつ登場させることができます。また、《“織田家”小寺「雫」孝高》は相手の控え室のカードをバックヤードに置く能力とカードを引く能力を持っているので、中盤以降も活躍します。中盤に備えて《“織田家”柴田「壬月」勝家》やセットカードを手札に集めておきましょう。

 

■中盤の戦い方
中盤には、フレンドに『貫通』を持つキャラを登場させて、相手にダメージを与えていきましょう。《“織田家”蒲生「梅」賦秀》は登場したときに自分のキャラ1体を表向きにできる能力と、このキャラがアタックしたときに相手の控え室のカード2枚をバックヤードに置くことで『貫通』を得る能力を持っています。相手の控え室をバックヤードに置くことができるので、パートナーの能力の条件の達成を早めることができます。《“織田家”柴田「壬月」勝家》は高い攻撃力と『貫通』を持ったキャラです。また、自分の“織田家”のパートナーにセットカードがセットされていると、パートナーに『貫通』を与える能力も持っているので、フレンドだけでなくパートナーでも『貫通』でダメージを与えることができるようになります。

 

■終盤の戦い方
終盤も中盤に引き続き『貫通』を持つキャラでアタックしてダメージを与えていきましょう。相手のバックヤードのカードが12枚以上置かれているとイベントカードの効果を受けなくなるので、相手の妨害を受けずに相手にダメージを与えていくことができます。《蜻蛉切り》《串団子》などの攻撃力を上昇させるセットカードをセットしたり、《決戦の刻》を使用して自分のキャラすべての攻撃力を強化してアタックすれば、一気に勝負を決めることができます。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
SKo-009 (パートナー) “織田家”剣丞隊第一号「ひよ子」 4
SKo-001 “織田家”天下布武「久遠」 4
SKo-002 “織田家”しっかり者「結菜」 4
SKo-003 “織田家”柴田「壬月」勝家 4
SKo-010 “織田家”墨俣一夜城の立役者「転子」 3
SKo-011 “織田家”剣丞隊の頭脳「詩乃」 4
SKo-014 “織田家”蒲生「梅」賦秀 4
SKo-015 “織田家”小寺「雫」孝高 4
◆イベントカード◆
SKo-077 のぼせた久遠 2
SKo-081 苦手な事 2
SKo-082 草履の温め方 2
SKo-083 間一髪の救い 3
SKo-T14 決戦の刻 1
◆セットカード◆
SKo-092 泰然自若の構え 2
SKo-096 蜻蛉切り 4
SKo-098 串団子 3
◆エクストラカード◆
SKo-050 “織田家”戦国の革命児「久遠」 1
SKo-051 “織田家”夫婦の絆「久遠」&「結菜」 3
SKo-056 “織田家”給仕当番「詩乃」 2
SKo-057 “織田家”主君を支えし智謀の持ち主「雫」 2
SKo-058 “織田家”水辺で戯れる「詩乃」&「雫」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード