ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

牧瀬 紅莉栖 パートナーデッキ

このデッキの遊び方

このデッキのパートナーは《”ラボメン”因果律のメルト「牧瀬 紅莉栖」》 です。
デッキから3枚見てカードを引く能力、フレンドをレスト状態にする能力、『貫通』を得る能力の3つから選んで発動できる能力とガードした時にカードを引くことができる能力を持ったキャラです。
その時々でパートナーの能力を使い分けながら戦うデッキになっています。

ゲーム開始時の手札の選択

パートナーがガードキャラに選ばれたときにカードを引く能力を持っていますが、そこまで耐久力が高くないためバトルで裏向きにされることが多くなっていますので、《”ラボメン”スカイクラッドの観測者「岡部 倫太郎」》《キスの祝福》などのキャラを表向きにするカードが手札になければ引き直しをしましょう。

デッキの動かし方

序盤はパートナーの能力でデッキから3枚見てカードを引きましょう。登場したいキャラが手札になくてもこの能力を発動すれば登場したいキャラを引くことができるでしょう。
序盤は常にこの能力を発動し、安定してキャラを登場させていきましょう。

中盤からカードを引く能力以外のパートナーの能力を発動させてアタックしましょう。
自分のアリーナに《”ラボメン”メール依存症「桐生 萌郁」》《”ラボメン”定番のスクール”水着”「フェイリス・ニャンニャン」》などが登場していて、フレンドでもアタックできるような場合ならフレンドをレスト状態にする能力を発動しましょう。もし、パートナーのアタックがガードされたとしても、フレンドのアタックで、相手にダメージを与えることができるでしょう。
パートナーしかアタックできるキャラがいない場合は『貫通』を得る能力を発動しましょう。『貫通』を得るときには、相手のパートナーの耐久力を自分のパートナーの攻撃力が上回っていることを確認してから発動しましょう。上回っていない場合は相手にダメージを与えられないので、『貫通』を得る能力を発動する必要はありません。その場合は、デッキから3枚見てカードを引く能力を発動して、次のターンに備えましょう。

終盤もパートナーの能力を発動していきます。中盤と同様にフレンドをレスト状態ににするか『貫通』を得るか判断しながらプレイしていきましょう。ただ、終盤には《二枚猫舌》《”ラボメン”ちょっかい出し「フェイリス・ニャンニャン」&「漆原 るか」》などで相手のガードできるキャラを減らしてからアタックを行う場面が多くなるので、フレンドをレスト状態にする場面が多いかもしれません。

このデッキは、パートナーの3つの能力のうちその場面でもっとも効果的なものを選択して発動するのが重要なデッキになっています。どの能力を発動するのが効果的なのかを見極め、勝利を掴み取りましょう!

今回は、「STEINS;GATE & CHAOS;HEAD」に収録されているカードのみで作成できるデッキを紹介しましたが、「OS:ニトロプラス1.10」や「OS:ニトロプラス2.00」に収録されているカードを使用することで、より強力なデッキが作成できるはずです!ぜひ、デッキを改造してみてください!

番号
カード名
枚数
 ◆キャラカード◆
 NP-251 (パートナー)  “ラボメン”因果律のメルト「牧瀬 紅莉栖」
4
 NP-245  “ラボメン”スカイクラッドの観測者「岡部 倫太郎」
4
 NP-250  “ラボメン”雷ネッター「橋田 至」
4
 NP-254  “ラボメン”メール依存症「桐生 萌郁」
4
 NP-258  “ラボメン”キラリちゃんコス「漆原 るか」
3
 NP-260  “ラボメン”定番のスクール”水着”「フェイリス・ニャンニャン」
4
 NP-264  SERNの僕「天王寺 裕吾」
4
 NP-265  復讐の権化「天王寺 綯」
4
 ◆イベントカード◆
 NP-287  選択の代償
3
 NP-292  苦渋の決断
2
 NP-293  二枚猫舌
2
 NP-294  時空境界のドグマ
1
 NP-297  血染めの光景
2
 NP-341  キスの祝福
2
 ◆セットカード◆
 NP-301  ケータイ電話
4
 NP-304  48時間の永遠
3
 ◆エクストラカード◆
 NP-270  “ラボメン”タイムリーパー「岡部 倫太郎」
2
 NP-272  “ラボメン”オカリンのよき友人「橋田 至」
2
 NP-281  “ラボメン”ちょっかい出し「フェイリス・ニャンニャン」&「漆原 るか」
2
 NP-283  仲良し親子「天王寺 綯」&「天王寺 裕吾」
4

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード