ChaosTCG|カオス

デッキレシピ・攻略法

存在の否定「ゼスト」パートナー

パートナー紹介

このデッキのパートナーは《存在の否定「ゼスト」》です。
このキャラは自分のキャラを裏向きにすることで能力を発動することができ、裏向きにした体数によって発動する効果が変わる能力を持っています。このキャラの攻撃力と耐久力が上昇する効果と、目標のフレンド1体を裏向きにする効果と、目標のキャラ1体をレスト状態にする能力を持っているので、状況に応じて使い分けて戦っていきましょう。

デッキの動かし方

■序盤の戦い方
序盤は《特訓中「成瀬 万理亜」》《刃更の父「東城 迅」》を登場させましょう。パートナーの能力を使うことで1ターン目からこれらのキャラを登場させることができます。パートナーの能力で攻撃力と耐久力を上昇させて、《刃更の父「東城 迅」》で相手のキャラにダメージを与えて裏向きにしていくことで、序盤から大ダメージを与えることもできます。《真の力「東城 迅」》を登場させたり、手札に《空間トンネルを操る「シェーラ」》がある場合には《母娘の再会「シェーラ」&「成瀬 万理亜」》を登場させれば、さらにダメージを与えられます。

 

■中盤の戦い方
中盤はパートナーの能力も使いながら相手がフレンドをガードキャラに選べないような状況にしていきましょう。自分のキャラを2体裏向きにすることで、相手のフレンドを裏向きにすることができるので、耐久力が高いキャラなどを積極的に裏向きにしていき、裏向きになってしまった自分のアリーナのキャラは《弟想い「リアラ」》を登場させたり、《見守る「リアラ」》を登場させて表向きにしましょう。エクストラキャラのレベルアップでもそのキャラを表向きにできるので、序盤に登場させたエクストラキャラをレベルアップさせて、相手のキャラをレベルアップ時に発動する能力によってさらに裏向きにしていくことでダメージを与えやすくしていきましょう。

 

■終盤の戦い方
終盤はパートナーの能力で相手のパートナーをレスト状態にして戦いましょう。自分のキャラを3体裏向きにすることで目標のキャラ1体をレスト状態にすることができるので、相手のパートナーをレスト状態にしてしまえばガードキャラに選べなくなります。自分のキャラ3体を裏向きにしづらい状況の場合は、《寝起きの色仕掛け》を使うことでも、目標のキャラ1体をレスト状態にすることができます。自分のキャラには《魔族の力》をセットして攻撃力を上昇させながら一気にダメージを与えていきましょう。《魔族の力》はセットされているキャラが『先制攻撃』を得るので、《取引による共闘「ラース」》を登場させれば『貫通』以外でもダメージを与えていくことができるようになるのでおすすめです。

 
番号 カード名 枚数
◆キャラカード◆
ST-BPR006(パートナー) 存在の否定「ゼスト」 4
ST-004 たっぷりお返し「東城 刃更」 4
ST-014 裸の付き合い「成瀬 万理亜」 2
ST-016 特訓中「成瀬 万理亜」 4
ST-029 刃更の父「東城 迅」 4
ST-036 弟想い「リアラ」 4
ST-039 空間トンネルを操る「シェーラ」 4
ST-044 取引による共闘「ラース」 4
◆イベントカード◆
ST-072 決戦開幕 2
ST-074 闇の奔流 3
ST-076 救いの言葉 3
ST-086 寝起きの色仕掛け 2
ST-088 プュ~… 4
◆セットカード◆
ST-096 お菓子 2
ST-098 魔族の力 4
◆エクストラカード◆
ST-050 裏切る覚悟「成瀬 万理亜」 2
ST-055 真の力「東城 迅」 2
ST-057 見守る「リアラ」 2
ST-064 母娘の再会「シェーラ」&「成瀬 万理亜」 2
ST-066 特訓「東城 刃更」&「東城 迅」 2

▲ デッキレシピTOPに戻る

デッキレシピ・攻略法

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード