ルール・Q&A

アペンドルールについて

ブースターパック「マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」から
新ルール「アペンドルール」が追加される!
アペンドルールの解説はこれだ!

アペンドルールとは?

アペンドルールを持ったカードたちはこれだ! (最終更新日2014/5/15)

■アペンドルール[TSTゲージ]で得る条件や能力
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つセットは、ネーム「神前 美月」を持つキャラにのみ、任意の枚数をセットできます。
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つセットをキャラにセットされている場合、そのキャラにはアペンドルール[TSTゲージ]を持たないカードをセットできません。すでにセットされているアペンドルール[TSTゲージ]を持たないセットは不正なセットとなり、ルール処理によりオーナーの控え室に置かれます。また、すでにアペンドルール[TSTゲージ]を持つセットがセットされているキャラに対して、アペンドルール[TSTゲージ]を持たないセットカードをプレイすることはできず、そのようなカードをそのキャラにセットする効果は処理されません。

 


■アペンドルール[リフレイン]で得る条件や能力
・アペンドルール[リフレイン]を持つカードは、‘[自動]このカードの【メイン】か【バトル】か[自動]のアイコンを持つ能力が他のカードの効果によらずにプレイされたその能力の効果の解決の終了時に、そのカードのマスターのバックヤードにアペンドルール[リフレイン]を持つカードが6枚以上ある場合、そのマスターはこのアペンドルールの効果により、その能力による効果の解決の終了時に、その能力を再び代償を支払わずにプレイし解決することができる。’の能力を持ちます。

 


■アペンドルール[はるかさん]で得る条件や能力
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、ゲームを開始する際のパートナーに選択できません。
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、レベルアップやオートレベルアップができません。この能力は裏向き状態でも発動します。
・このキャラを登場させた場合、このキャラによってネーム重複処理は発生しません。
・このキャラは相手のイベントカードの効果を受けません。

 


■アペンドルール[BETA]で得る条件や能力
・デッキ作成時に、デッキ内にアペンドルール[BETA]を持つカードを入れる場合、デッキ内のカードはすべて“BETA”を持つ必要があります。
・アペンドルール[BETA]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[BETA]を持つカードは、レベルアップやオートレベルアップができません。この能力は裏向き状態でも発動します。
・アペンドルール[BETA]を持つキャラがガードキャラに選ばれた場合、そのキャラはレスト状態になります。
・このキャラは、作品名が‘トータル・イクリプス’であり、かつ性別に‘男性’または‘女性’を持つキャラからのバトルによるダメージを受けません。

   

  


■アペンドルール[俺嫁]で得る条件や能力
・アペンドルール[俺嫁]を持つカードは、あらゆる領域、あらゆる状態において、基準定義の効果としてすべての作品名を持ちます。