ChaosTCG|カオス

ルール・Q&A

アペンドルールについて

ブースターパック「マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」から
新ルール「アペンドルール」が追加される!
アペンドルールの解説はこれだ!

アペンドルールとは?

アペンドルールを持ったカードたちはこれだ! (最終更新日2016/12/21)

■アペンドルール[重力操作]で得る条件や能力
[永続]このキャラは自分の「宇多良 カナリア」と“重力操作”以外の【登場】や【乱入】や【Main】や【Battle】のコストにすることができない。
[永続]このキャラはアタックキャラやガードキャラに選ぶことができない。
[永続]このカードがアリーナから他の領域に移動する場合、エクストラデッキに【裏】で戻す。
[自動]このキャラが【表】から【裏】になった場合、このキャラはエクストラデッキに戻る。

 

■アペンドルール[ログイン]で得る条件や能力
【Main】〔自分の手札1枚を控え室に置く〕自分の控え室に置かれている、このキャラのネームを【追加ネーム】で持つキャラカード1枚を【登場】を無視してこのキャラに重ねて登場させる。その後、バトルフェイズ終了時、この効果で登場したキャラのダメージすべてを回復し、この効果で登場したキャラカードを手札に戻してもよい。

 

■アペンドルール[ネトゲ]で得る条件や能力
[永続]このキャラの一番上のメモリが持つアペンドルール[ログイン]以外のすべての能力を得る。
[永続]【裏でも発動】このキャラはレベルアップ、オートレベルアップできない。
[自動]このキャラがカードの効果で登場した場合、ターン終了時まで、自分はこのキャラと同じネームを持つキャラのアペンドルール[ログイン]の【Main】を発動することができない。

 

■アペンドルール[契約者]で得る条件や能力
・このカードが忠誠度カードとして重ねるまたは重ねられている場合、レベルカードとしても扱います。
・忠誠度カードとして重ねられているこのカードはアペンドルール[契約者]を失いません。
・カードの能力でキャラが持つ忠誠度の数値が参照される場合があります。その場合、参照されるキャラに重ねられている忠誠度カードの総数が、そのキャラが持つ忠誠度の数値になります。

 

■アペンドルール[恋想リレーション]で得る条件や能力
・このカードは、このゲーム中、自分のエクストラデッキに置くことができます。この能力はエクストラデッキで発動します。(ただし、ゲームの準備でエクストラデッキを用意する場合、エクストラデッキに入れることができません)
・自分のターンにこのカードが控え室に置かれている場合、このカードが元々持つ能力を失い、以下の能力を得ます。
【Main】【Battle】〔自分のパートナーが【同作品】で、自分の控え室のカード1枚をバックヤードに置く〕自分のエクストラデッキにイベントカードが3枚以上置かれていない場合、控え室のこのカードをエクストラデッキに【表】で置く。その後、自分はアペンドルール[恋想リレーション]で得た【Main】【Battle】を発動することができない。

■アペンドルール[蒼き艦隊][霧の艦隊]で得る条件や能力
・このカードは、このゲーム中、自分のエクストラデッキに置くことができます。この能力は、エクストラデッキで発動します。(ただし、ゲームの準備でエクストラデッキを用意する場合、エクストラデッキに入れることができません)
・このカードは以下の能力を得ます。
【Main】〔自分のフレンド1体を【表】から【裏】にする〕控え室のこのカードを自分のエクストラデッキに【表】で置く。この能力はこのカードが控え室にある場合、発動することができる。

 

■アペンドルール[アラガミ]で得る条件や能力
・アペンドルール[アラガミ]を持つ同名カードはエクストラデッキに1枚しか入れることができません。
例:GE-067“アラガミ”「ヴァジュラ」、GE-067“アラガミ”「ヴァジュラ」、GE-069“アラガミ”「スサノオ」 ×
  GE-067“アラガミ”「ヴァジュラ」、GE-068“アラガミ”「ハンニバル」、GE-069“アラガミ”「スサノオ」 ○

・このカードは登場できません。
・この能力はエクストラデッキでのみ発動します。
・自分にメインフェイズ開始時に、このカードを表にできます。

  

■アペンドルール[ハーモニクス]で得る条件や能力
・このカードは他のカードのコストにできません。
・このキャラが表向きの場合、このキャラの元々の攻撃力は自分のパートナーの「天使」の攻撃力と同じ数値となります。
・このキャラが表向きの場合、このキャラの元々の耐久力は自分のパートナーの「天使」の耐久力と同じ数値となります。
・このキャラは自分のパートナーである「天使」が持つスキルすべてを持ちます。

■アペンドルール[ソルラルチャージ]で得る条件や能力
・アペンドルール[ソルラルチャージ]を持つカードはエクストラデッキに1枚しか入れることができません。
・このカードはアペンドルール[ソルラルチャージ]でのみ登場できます。
・エクストラデッキのこのカードはアペンドルール[ソルラルチャージ]でのみ表向きにできます。
・自分のバトルフェイズ開始時、このカードが持つネームと同じネームを持つ自分のパートナーが表 向きスタンド状態の場合、エクストラデッキのこのカードを表向きにすることができます。表向きに した場合、このカードを自分のパートナーに重ねて登場させて、ターン終了時、このカードをエクス トラデッキに裏向きで戻します。

 

■アペンドルール[アイドル魔法少女]で得る条件や能力
・このキャラ以外に自分のフレンドが登場していて、自分のキャラの【Main】能力か【Battle】能力を発動した場合、自分がイベントカードを使用したものとして扱います。

 

■アペンドルール[TSTゲージ]で得る条件や能力
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つセットは、ネーム「神前 美月」を持つキャラにのみ、任意の枚数をセットできます。
・アペンドルール[TSTゲージ]を持つセットをキャラにセットされている場合、そのキャラにはアペンドルール[TSTゲージ]を持たないカードをセットできません。すでにセットされているアペンドルール[TSTゲージ]を持たないセットは不正なセットとなり、ルール処理によりオーナーの控え室に置かれます。また、すでにアペンドルール[TSTゲージ]を持つセットがセットされているキャラに対して、アペンドルール[TSTゲージ]を持たないセットカードをプレイすることはできず、そのようなカードをそのキャラにセットする効果は処理されません。

 

■アペンドルール[リフレイン]で得る条件や能力
・アペンドルール[リフレイン]を持つカードは、‘[自動]このカードの【メイン】か【バトル】か[自動]のアイコンを持つ能力が他のカードの効果によらずにプレイされたその能力の効果の解決の終了時に、そのカードのマスターのバックヤードにアペンドルール[リフレイン]を持つカードが6枚以上ある場合、そのマスターはこのアペンドルールの効果により、その能力による効果の解決の終了時に、その能力を再び代償を支払わずにプレイし解決することができる。’の能力を持ちます。

 

■アペンドルール[はるかさん]で得る条件や能力
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、ゲームを開始する際のパートナーに選択できません。
・アペンドルール[はるかさん]を持つカードは、レベルアップやオートレベルアップができません。この能力は裏向き状態でも発動します。
・このキャラを登場させた場合、このキャラによってネーム重複処理は発生しません。
・このキャラは相手のイベントカードの効果を受けません。

 

■アペンドルール[BETA]で得る条件や能力
・デッキ作成時に、デッキ内にアペンドルール[BETA]を持つカードを入れる場合、デッキ内のカードはすべて“BETA”を持つ必要があります。
・アペンドルール[BETA]を持つカードは、同一名カードの枚数制限ルールを無視して、任意の枚数の同名カードをデッキに入れられます。
・アペンドルール[BETA]を持つカードは、レベルアップやオートレベルアップができません。この能力は裏向き状態でも発動します。
・アペンドルール[BETA]を持つキャラがガードキャラに選ばれた場合、そのキャラはレスト状態になります。
・このキャラは、作品名が‘トータル・イクリプス’であり、かつ性別に‘男性’または‘女性’を持つキャラからのバトルによるダメージを受けません。

   

  

■アペンドルール[俺嫁]で得る条件や能力
・アペンドルール[俺嫁]を持つカードは、あらゆる領域、あらゆる状態において、基準定義の効果としてすべての作品名を持ちます。

ルール・Q&A

  • ブシモ公式サイト
  • ブシロード